中堅消費者金融は総量規制後の審査も通りやすいから借りれる?

中堅消費者金融は総量規制後の審査も通りやすいから借りれる?

消費者金融に借り入れをした人が、借金を雪だるま式に増やしてしまうことが続発したために、収入に見合った借入額となるよう法律で総量規制が導入されました。

 

それにより借り入れることができる金額は原則として年収の3分の1までということになりました。
しかし、そうなると審査に落ちる人も多くなります。

 

審査が通らない人が続出すると、消費者金融としては収益を得る機会が少なくなり、倒産してしまいます。
特に中堅消費者金融は、大手よりも規模が小さいです。

 

より危険性が大きくなるので、審査を緩くして、より多くの人に借り入れをしてもらう傾向にあるのです。

中堅消費者金融は審査が通りやすい?

それでは中堅消費者金融であれば無条件で借りれる?と勘違いしてしまうかもしれません。
あくまでも法律を無視して、収入がない人に融資するわけではありません。

 

総量規制を守りつつ、その例外となる主婦への貸付などを認めるのです。

 

どういうことかというと、主婦というのは金銭的には収入がありません。
本来であれば総量規制の対象で中堅消費者金融も貸付は出来ません。

 

しかし、配偶者貸付として、配偶者もまとめた年収の3分の1と規定すれば、主婦でも借り入れが出来るのです。
このような例外にはいくつか種類がありますが、どの例外に対応しているかは中堅消費者金融によって異なります。

 

もし、通常の借り入れで総量規制に引っかかるようならば、各中堅消費者金融の窓口に自分は借りれる?ということを確認してみると良いでしょう。

 

中堅消費者金融ランキング

>>注目の中堅クラスの消費者金融ランキングはこちらを参照願います!<<

トップへ戻る